自費の入れ歯に関することは浅井歯科にご相談ください

治療メニュー治療メニュー

自費の入れ歯

入れ歯には、保険のプラスチックの樹脂と金属でできたもの以外に、自費のものもあります。
保険の入れ歯と比べてどこがどう違うのでしょうか。下記で違いを比べてみましょう。

メリット

  • ・入れ歯の種類や素材を患者様が選択でき、比較的自由に製作できる
  • ・保険の入れ歯より床を薄く制作したり、留め具を白い材質のもので作成でき、見た目にもこだわることが可能
  • ・発音がしやすい
  • ・強度が優れている
  • ・装着の違和感が少ない
  • ・アクシデントが起きにくいため、メインテナンスの来院回数が少なくて済む

デメリット

  • ・非常に丁寧に手間をかけて作製するため保険の入れ歯より完成まで期間がかかる
  • ・保険適用外のため、費用が高い

また、自費の入れ歯にもさまざまな種類がございます。
下記でその主な種類を見てみましょう。

自費で製作する入れ歯の種類

・金属床義歯

・金属床義歯

一般的な保険の入れ歯は、主要部分をプラスチックの樹脂で作りますが、金属床の入れ歯は金属を使うため、たわみにくく、丈夫な入れ歯をつくることができます。金属床には、金属の種類により3種類に分けられます。

▼コバルトクロム
丈夫な金属を使うため、薄く仕上げることができ、違和感が少なく、熱の伝わりがよく、おいしくお食事をすることができます。
▼チタン
非常に軽く、装着感がよく、体に優しい金属です。
▼ゴールド
体との親和性に優れていて、適合もよく、耐久性もあります。

・アタッチメント義歯

・アタッチメント義歯

入れ歯と残っている歯のそれぞれに磁石(アタッチメント)を取り付けることで、
入れ歯の安定感が向上します。
がたつきが少ないため、本当の歯に近い噛む能力が発揮できます。

・テレスコープデンチャー

・テレスコープデンチャー

残っている歯に金属冠をかぶせ、その上から装着する「部分入れ歯」になります。
ものを噛む力が強く見た目も良いのですが、技術的に難しいため取り入れている歯科医院は多くありませんが、当院ではお選び頂けますのでご安心ください。

・コーヌス義歯

・コーヌス義歯

残っている歯を金属で補強した土台に、茶筒のような構造になっているキャップが義歯本体についていて、はめ込むことで維持安定させることができるものです。
がたつきが少ないため、しっかり噛むことができます。
金具が隠れるので、審美性にも優れます。

・ノンクラスプデンチャー

・ノンクラスプデンチャー

金具(バネ)を使用しない、弾性のある樹脂でできた入れ歯です。審美的、装着感に優れます。