インプラントを使用した入れ歯に関することは浅井歯科にご相談ください

治療メニュー治療メニュー

インプラントを使用した入れ歯

通常の入れ歯の場合、アゴの骨(歯槽骨-しそうこつ)が痩せてしまうと、入れ歯が安定せず、外れやすくなり、きちんと噛めなくなってしまうことがあります。
そういうときには、数本のインプラント体をアゴの骨に埋め込み、土台となる部分を作ることによって入れ歯を安定させる方法もあります。

メリット

  • ・インプラントを使用した入れ歯では、通法の入れ歯よりもしっかりとアゴに固定することができ、 違和感を少なくするとともに、入れ歯のがたつきによる粘膜の痛みを大きく軽減させることができる
  • ・主な素材が(レジン)プラスチックのため、破損した場合の修理が比較的容易

デメリット

  • ・保険適用外のため患者様の費用負担が大きい
  • ・通常の入れ歯と比べると、治療期間が長い
  • ・インプラントの手術が必要になるので、アゴの骨の状態によっては、インプラントを使用した入れ歯が向かない場合もあります。

ご安心していただくために

最良の形で義歯をご提供します。

最良の形で義歯をご提供します。

インプラント治療は、手術を伴うため、危険な印象が先行してしまいますが、一本のインプラント治療の規模としては親知らずの抜歯程度とされています。
当院では、インプラントを使用した入れ歯を作製するときも、インプラント専門医により、きちんと診断後、患者様とご相談した上で、最良の形で義歯をご提供できるように心がけております。