できるだけ痛くない虫歯治療は京都市西京区の浅井歯科へ【上桂・洛西口・桂川】

治療メニュー治療メニュー

虫歯

虫歯は、お口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)の感染によって引き起こされます。
虫歯にならないためには、まずは歯磨きなどの予防処置が重要です。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯になってしまった場合は、虫歯の進行の度合いによって治療法が異なってきます。

※歯の構造が分からない場合は右記イラストをご確認ください。

エナメル質 象牙質 歯髄エナメル質 象牙質 歯髄
C1C1
C1と呼ばれる歯の表面(エナメル質)の虫歯の場合は、患者様のお口の状態にもよりますが、
基本的には要観察で、歯科衛生士の衛生指導によるセルフケアの徹底やフッ素塗布によって、
再石灰化による回復を目指します。
場合によっては虫歯箇所を削り、レジン充填することもあります。
C2C2
C2と呼ばれる、歯の象牙質まで達する虫歯の場合は、前述の樹脂で埋める治療もしくは、
インレーという、型採りをして作る詰め物での治療になります。
C3C3
C3と呼ばれる歯髄(歯の神経)まで達する虫歯になってしまった場合は、神経を取る処置をした後、
樹脂、インレー、クラウン(かぶせ物)いずれかの治療になります。
C4C4
C4と呼ばれる状態の虫歯になると、歯がほとんど虫歯で崩壊した状態になり、歯を抜く必要が 出てきます。歯を抜いた場合は、ブリッジ(前後の歯を使用するかぶせ物)、部分入れ歯、インプラント、
いずれかの治療が必要となります。

それぞれの、虫歯の進行度合いの診断は、口腔内診査、レントゲン診査等で判断し、患者様に状態のご説明をしてから、治療法を決め、診療を進めていきます。
また、インレー、クラウン(かぶせ物)、ブリッジは、保険治療、自費治療でそれぞれかぶせ物の材質、費用が変わってきます。
但し、保険が適用される材質、特に金属の物はお身体、見た目的な部分をとってもあまりよくありません。

金属をできるだけ使わない治療(メタルフリー)

銀歯は身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

銀歯は身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

保険が適用される詰め物やかぶせ物、いわゆる「銀歯」の材質は身体に悪影響を及ぼします。
パラジウム合金やアマルガムなど、すでに欧州では禁止されており(アジア圏でも使用が
認められているのは日本ぐらい)、歯の中に金属を使用することは、頭痛やめまい、肩こりなどの不定愁訴、リウマチのなる可能性があります。
また、金属アレルギーのリスクもあります。

現代は虫歯が減っています

現代は虫歯が減少傾向にあります。
その理由のひとつに、市販のほとんどの歯磨き粉にフッ素が含まれていることです。
フッ素には歯自体を強くする効果があり、細菌がつくる酸が歯を溶かすことを予防してくれます。

=虫歯の経験のある子どもの割合 =フッ素塗布の経験者=虫歯の経験のある子どもの割合 =フッ素塗布の経験者

虫歯=歯医者ではない、お口の健康を保つために

「いかに予防していくか」が重要です。

「いかに予防していくか」が重要です。

お口の中の健康を保つためには、規則正しい生活、正しいブラッシング、定期的な歯科医院での受診が欠かせません。虫歯に関しては、特にC3とC4段階に至らないようにしたいところですね。歯磨きやフロスを通すなど、ご自身でのケアに加えて、「いかに予防していくか」がこれからの歯科治療は重要です。

いくら虫歯が減っているとはいえ、安心はできません。成人の8割が罹患している歯周病は特に恐ろしい感染症です。ご自身でできる対策には限界がありますので、どうぞ皆様、定期的に検診にお越しください。