親知らずの抜歯など口腔外科は京都市西京区の浅井歯科へ【上桂・洛西口・桂川】

治療メニュー治療メニュー

口腔外科(親知らず抜歯など)

歯科治療の際には、お口の中全体のチェックも行いますので、口腔内の粘膜の異常が発見されることもあります。
粘膜の病変には、腫瘍や、口内炎、虫歯が原因により膿がたまって腫れているもの、様々なものがあります。
当院には、口腔外科専門医も在籍しております。もし、普段お口の中の異変に気付かれたとき(下記参照)、いつでもご相談ください。

    • ・顎関節症の治療
    • ・顎変形症の治療・診断
    • ・お口の粘膜にできる良性・悪性腫瘍の診断
    • ・難しい抜歯症例(親知らずなど)
    • ・お口の中をケガした際
    • ・事故などであごを骨折したときの処置
    • ・インプラント診断のCT検査
    • ・あごや唇にできるのう胞の摘出
    • ・口唇裂や口蓋裂の診断と治療
    • ・お口の中の粘膜のただれやできものの治療

親知らずの抜歯に関して

経験豊富な医師が担当します。

経験豊富な医師が担当します。

親知らずの抜歯を行う際には、当院では、経験豊富な歯科医師が確実な抜歯手術を担当させて頂き、口腔内へのダメージを最小限に抑えた抜歯を行っております。
昔のように「手術当日は何も食べれない」といったことはございませんのでご安心ください。

親知らずを抜歯した方が良い方

1.虫歯や歯周病になっている方

親知らずは口の奥にあるため、歯ブラシが届きにくく、磨き残しが多くなって虫歯になりやすい歯です。
親知らずを磨き残していると、その手前の歯まで虫歯になることもあります。

2.斜めや横向きに生えている方

斜めや横向きに生えていると、他の歯を圧迫して歯並びを悪くしてしまうことがあります。
特に顎が小さい方はより圧迫されてしまうため、抜歯をお勧めしております。
また、下の親知らずが他の歯よりも噛み合わせが高い場合、上の歯とぶつかり顎関節を痛めてしまうことがあります。

3.親知らずの生え方が原因で歯肉に炎症を起こしている方

親知らずとその手前の歯の間に食べ物が詰まると、歯肉が炎症を起こしてしまいます。
手前の歯との間に隙間があるような生え方をされている方はご相談ください。

親知らず抜歯後

親知らずの抜歯後は、出血・痛み・腫れなどが起こります。

  • 出血への対応

    親知らず抜歯直後は、強く口をゆすいだり食事をしたりすると、傷口が開き出血することがあります。
    また、約12時間程度、少量の出血が続く場合がありますが、それ以降も出血が続くようでしたら、一度ご相談ください。

  • 痛みへの対応

    麻酔は通常3~4時間以内に切れてきますので、痛みが出てきます。鎮痛剤を処方いたしますので、我慢できない痛みがある場合、服用してください。抜歯後4日目を過ぎても強い痛みが続いている場合は、ご相談ください。

  • 腫れへの対応

    抜歯した顎の周辺と、歯茎が腫れますが、1週間ぐらいで完全にひきます。また、しばらくすると腫れていたところに紫色のあざができる方もいらっしゃいますが、これは内出血の跡ですので、異常ではありません。抜歯後4日目を過ぎても腫れがひかず、痛みを伴う方はご相談ください。