審美歯科は京都市西京区の浅井歯科へ【上桂・洛西口・桂川】

治療メニュー治療メニュー

審美歯科

一般的には、歯や口元の美しさを向上させるための歯科治療を総合して審美歯科と言います。
歯の治療には、虫歯や歯周病を治すといった、痛みをなくしたり、お食事をしやすくするような機能的に改善する役割と、歯をより白くする、歯の形の見た目をよくする、歯並びをキレイにするというような審美的な治療の役割もあります。
この2つの役割を兼ね備え、審美性という面を加えた歯科治療が審美歯科です。
審美歯科の領域には、歯のクリーニング、歯を白くするホワイトニング、歯列矯正治療、歯の形態をキレイに回復するセラミックなどで作られた詰め物やかぶせ物が含まれますが、審美歯科の治療メニュ-では詰め物・かぶせ物について説明していきます。

セラミック修復する利点

天然歯に近い外観を得ることができます。

天然歯に近い外観を得ることができます。

審美性に優れたかぶせ物として、陶材(セラミック)を使ったものがあり、近年では、
より強度の高いジルコニアという材質で作られたかぶせ物が広く応用されるようになっており、当院でも採用しております。
また、保険治療で使用されるプラスチック材料や金属では外観が不自然であったり、
時間が経つと変色や劣化が起きたりしてしまいますが、セラミックでは、天然歯に近い外観が得ることができます。

金属の詰め物・かぶせ物のデメリット

  • 1)頭痛・めまい・肩こりなど不定愁訴の原因となる(ガルバニー電流)
  • 2)金属が流れ落ちて歯茎に着色してしまう
  • 3)金属アレルギーの問題
  • 4)審美面(見た目)がよくない

金属を使わない=身体にやさしい

金属を使わない治療は身体にやさしい治療です。

金属を使わない治療は身体にやさしい治療です。

日本の保険制度は大変素晴らしいものではありますが、保険が適応される金属の詰め物やかぶせ物は近年非常に問題視されています。
現在日本の歯科治療で使われる金属は、金かパラジウム合金(いわゆる銀歯)であり、
パラジウム合金は身体に悪影響を与えるほか、金属アレルギーの問題もあり、
欧米諸国では禁止されている金属です。
金属を使わない治療は審美面だけではなく身体にやさしい治療なのです。

審美面・予防面をPMTCで

歯科医院では、歯科医師や衛生士によって、専門的に歯のクリーニングを行います。
歯の表面、歯と歯の間、歯と歯茎のキワの部分の強くこべりついた着色汚れを専用の器具などで取り除きます。
普段の歯磨きでは除去できない汚れが放置されると、虫歯や歯周病の原因菌の住処になってしまいます。
そのため、審美面というよりは虫歯や歯周病を予防する「予防歯科」に項目を設けています。
歯のクリーニングのページはこちらをご覧ください。

ホワイトニングについて

ホワイトニングは、歯を削らずに歯を白くする方法です。
専用のホワイトニング剤を歯に浸透させ漂白して歯を白くします。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行えるホームホワイトニングがあります。
ホワイトニングのページはこちらからご覧ください。

歯列矯正治療について

当院の歯列矯正専門サイト「矯正歯科コンシェルジュ」をご覧ください。