浅井歯科のスタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

2020.04.02

こわ〜い歯周病について

こんにちは、上桂の浅井歯科医院です。
桜が咲き綺麗で癒されますね🌸

今回は歯周病についてです。
歯周病はむし歯と違い、初期のうちは痛み等を伴わないため、なかなか自覚症状を持ちにくい病気です。
そういったことから歯周病は別名”サイレントキラー(静かなる殺し屋)”と呼ばれています。
気がついたときには手遅れで、歯を抜くしかない最悪の状態になりかねない静かに進行していく恐ろしい病気です。
そのため成人の8割が歯周病にかかっているという説もあるほどの病気なのに、意外に歯科医院で治療を受けている人は少ないです。
歯周病は口の中だけの病気と軽く考えてはいけません。歯周病菌や菌の出す毒素が血流に乗って心臓に運ばれたり肺に入ったりすることで、全身疾患を引き起こすおそれさえもある病気です。
歯周病は、手遅れになる前に、なるべく早く治療をすることが大切です。
自覚症状がないと言っても少し注意すると気づけるポイントがいくつかあります。

歯周病セルフチェック

朝起きたとき、口の中がネバネバする
□口臭が気になる
□歯肉がピンク色ではなく赤く腫れている
□歯が長くなったような気がする
□ブラッシング時に出血する
□歯肉がむずがゆい、痛い
□硬い物が噛みにくい
□歯間に隙間ができて食べ物が挟まる
※1つでも当てはまったら歯周病が進行している可能性があります!

歯周病を防ぐには
いかに歯ぐきの炎症を食い止めるかがカギになります。
炎症の元凶となる歯垢(プラーク)には億単位の細菌が含まれており、この中に歯周病を引き起こす歯周病菌も存在します。
毎日のブラッシングで歯垢をしっかり落とすことが歯周病予防対策の基本です。
さらに半年ごとに歯科医院でお口のクリーニングをお勧めしていますので、是非お越しください😊

2020.03.22

うがい手洗いについて

こんにちは。桂川浅井歯科医院です。

 

3月も下旬に入り、暖かくなってきました。

 

桜も咲き始めせっかくお花見日和の日が増えているのに、新型コロナウイルスの影響で外出には気を使います。

 

行楽は控えても必要な買い物やお仕事などで外出する機会は多いですよね。

 

感染症の予防で真っ先に挙げられるのがうがい手洗いです。

 

外出後に実践している人も多いと思います。

 

手洗いは石鹸を使い20秒以上指の股や爪と皮膚の間などもくまなく洗うと効果があるようです。

 

うがいは2種類のうがいをするとより効果的だそうです。

 

まず最初に口内の細菌を排出するために口に水を含んで「ぶくぶくうがい」をして吐き出します。

 

次にのどの細菌を排出するために水を口に含んで上を向き、15秒以上のどの奥の方まで「がらがらうがい」を行い吐き出します。

 

最後にもう一度15秒以上「がらがらうがい」を行い完了です。

 

予防をしっかりして4月からの生活を健康的に始めたいですよね。

 

お口の中の健康もチェックしておくとすっきりした気持ちで新生活を始められると思います。

 

浅井歯科医院では随時検診や歯石取りを受け付けています。

 

是非一度ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.18

お家での過ごし方

こんにちは。

洛西口浅井歯科です。
3月も早いもので折り返しを過ぎましたね。

 

次第に暖かくなりお出かけ日和の日も多くなってきました。

しかし世間ではコロナウイルスが流行していることもあり、外出も控えておられる方も多いのではないでしょうか。

お家での過ごし方も色々ありますが、私はお家ではアイスクリームを食べながら本を読んでゆっくり過ごすのが大好きです。

特に最近は私の大好きなチョコミント味のアイスクリームの新発売が多く(3月10日はミントの日です)、

週末にコンビニで買って帰るのが最近の私のささやかな楽しみの1つです。

皆さんの日常の楽しみは何ですか?また診療室で聞かせてくださいね。
もちろんアイスを食べたあとは歯磨きもがんばっています。

 

虫歯や知覚過敏等、歯の不調があると大好きなものがおいしく食べられなくなってしまうのは残念ですものね。
毎日コツコツと丁寧な歯磨きを心がけて、好きなものを美味しく食べられるように一緒にがんばりましょうね。

 

定期的に歯科検診にもいらしてくださいね。お待ちしています。

2020.03.02

歯磨きはなぜ必要なの?

こんにちは、上桂の浅井歯科院です。

ほとんどの人が子どもの頃から毎日の生活習慣のひとつとして行っている歯磨き。

しかし、そもそもなぜ歯磨きをしなければならないのでしょう?

歯磨きはお口の中を清潔に保つために最も大切な行為であり、虫歯や歯周病予防の基本中の基本です。

だからこそ、ただ漫然と磨くのではなく様々なポイントを押さえながら意識して磨きましょう。

歯磨きの本当の意味とは

歯磨きは、食べかすを取るため、また朝の目覚めのマッサージのためだけではなく、

本来の目的は、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除くことにあります。

歯石は細菌の塊で、水に溶けにくく歯の表面にベッタリくっついているため、うがいでは取り除くことができません。

正しく歯磨きをしないとどんどん溜まっていき、硬い歯石になります。

こうなると歯磨きでは取り除くことが難しくなります。

また、歯石は歯と同じような色をしていて見分けにくい上に、歯と歯ぐきの境目につきやすいので、

ただ大ざっぱに歯ブラシで歯の表面を磨いただけでは残ってしまいます。

毎日歯磨きをしているのに、虫歯や歯周病になってしまうのは個人差もありますが、このためです。

 

 

2020.02.28

イチゴの季節

こんにちは。

洛西口浅井歯科です。

朝晩はまだ冷え込みますが、お昼間は暖かい日も少しずつ増えてきましたね。

この時期になると、美味しそうなイチゴがスーパーで売られていたり、

カフェのデザートやホテルのビュッフェでイチゴが使われていたりするのをよく見かけます。

皆さんはイチゴお好きですか?

イチゴだけに限りませんが、美味しく食事をするためには、

虫歯予防や歯周病予防といったお口の中の状態を健康に保つことがとても重要です。

もし既に痛みやしみる症状があるという方は、なるべく早めの来院をおすすめします。

今はそのような症状が無い方でも、予防することが大切なので

定期的な検診・クリーニングはぜひ受けていただきたいなと思います。

私も半年に一度クリーニングに通っていますが、してもらった後はスッキリしますし歯もツルツルになります。

口内環境を清潔に保ち、できるだけ長く自分の歯で美味しく食事できるように日々のメンテナンス頑張りましょう☆

1 2 3 53