浅井歯科のスタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

2020.02.21

歯がしみるのは何が原因?

こんにちは。桂川浅井歯科医院です。

患者さんで「歯がしみるので診て欲しい!」と来院される方は意外と多いです。もしかしてむし歯かも…?!と思われる方もいらっしゃいますが、むし歯が原因とは限りません。

よく言われる【歯周病】もそうですが、実は 歯ぎしり・食いしばり が原因であったり 歯を強く磨きすぎてはぐきが炎症を起こしている パターンもあります。

両方ともご自身では無意識にしている事も多いので歯医者で診てもらって初めて「そうだったんだ!」と気づく方もいらっしゃいます。

≪しみる!痛い!≫などの症状を感じていたら一度お口の中をチェックしてもらうのも良いかもしれません。

自分が知らなかった生活習慣が分かるかも??むし歯であればなおさら…早めに治したいですよね。

この機会に是非定期検診をオススメします^^ご予約お待ちしてしますね。

gatag-00006049-thumb-500xauto-1945

2020.02.17

冬は暖かい甘い飲み物が飲みたくなります

こんにちは。

桂川浅井歯科医院です。

今年の冬はなかなか寒くならないですが、

寒い時期は暖かい甘い飲み物が恋しくなりますね。

カフェオレやココア、ホットチョコレート。。。

誘惑がたくさんです!

ただ甘い物を長時間口にし続けるとむし歯になるリスクが上がります。

間食をする時は、だらだら食べをするのではなく、

時間を決めて食べる方がお口にとっては良いですよ。

80歳まで20本の歯を残せるように健康な歯を目指しましょう!

 

 

 

2020.02.17

新型肺炎について

こんにちは。

上桂浅井歯科です。

新型肺炎が遂に日本で感染者が出たので皆さん
手洗、うがい、マスクして予防を徹底しましょう。

肺炎繋がりで、、、
日本の死因率第3位は肺炎です。

肺炎の予防は実は口腔ケアなのです‼️
なので皆さん定期的に歯科医院で口腔ケアをしましょう。

2020.01.24

もうすぐで節分です

こんにちは。

洛西口浅井歯科医院です。

2月3日は節分の日です!

豆と恵方巻きを食べる日ですね!

豆まきの由来は、昔病気になる事は鬼の仕業とされていて、

豆には邪気を払う力があるため鬼は外~!!と豆を投げて追い払っていたのです。これは室町時代から続いてる行事みたいです♦

その豆を年齢+1食べて福を呼びましょう*

恵方巻きの由来は、江戸から明治くらいから始まった行事で大阪発祥なんです!!

芸子さん達が商売繁盛を祈りながら食べたようです。

名前も昔は恵方巻きではなく、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と言われてたみたいで、

具も、七副ににちなみ七つの具を入れるのが基本になったようです。

一本丸かじりをする理由は、縁を切らぬようにや、商売を途切れさせぬようという意味が込められてます。

喋ってはいけない理由は、口から福が逃げないようにみたいです*

食べきると願いが叶うみたいなので

お願いごとしながらしっかり噛み美味しく食べましょう。

どうして、毎年が恵方(方向)が違うかというと歳徳人(としとくじん)様がいっらしゃる場所が違うからみたいで

歳徳人様は、その年の福を司る神様ですので偉大ですね。

年齢分も豆を食べるのも、恵方巻きにかぶりつくにも丈夫な歯でないと食べれないですよね!

しっかりと、定期検診をし、虫歯も歯石なども初期で食い止め楽しい節分を一緒にお迎えしましょう。

 

2020.01.17

詰め物は痛んでいませんか❓

こんにちは。

上桂浅井歯科です。

歯に詰め物をしてもしっかり磨かなければ、再度虫歯になる事があります。

二次カリエス『2次う蝕』と言われるものです。

これは、歯と詰め物の境目から再度虫歯になることです。

虫歯の三大好発部位は歯と歯の間・歯と歯茎の境目・噛み合わせる面です。

つまり、歯間ブラシ・フロスなど歯と歯の間を清掃する道具も歯ブラシと併用して使用する必要があります。

歯に痛みがなくても、二次カリエスになってる場合があります。

そのため、定期的にお口の中をチェックする必要があります。

当院で一度、定期検診の受診をお勧めします。

1 2 3 52