インプラント治療にあたっての注意点(リスク)|浅井歯科

治療メニュー治療メニュー

インプラントの注意点(リスク)

インプラント治療は、外科手術を伴う治療ですので、必ずリスクというものがあります。
インプラント治療を受けるためには、必要な診査の上、しっかりとした診断、処置ができる設備が整った医院を選ぶことが必要です。
患者様に安心・安全に治療を受けていただくために病院選びのポイントをご紹介します。

インプラント治療における問題点

慎重な病院選びが大切です。

慎重な病院選びが大切です。

インプラント治療は保険がきかない自費診療ですから、ご検討されている場合は、慎重に様々な視点から病院を選ばなければなりません。
しかし近年ではNHKでも取り上げられた通り、インプラントの使い回しや、高額な治療費を請求しておいて実際には治療が受けられなかった大手医療法人の破たんなど、インプラントをめぐって患者様を裏切るような様々な問題がおきています。

チェック!チェック!
インプラント1本あたりの平均治療費用は30万~40万(上部構造(上につける歯)込み)

ネットが普及した現代では「インプラント1本10万~」など患者様の誤解を招くような誘因性ある悪質な広告も目立ちます。
安いからと言って、安易に病院を決めた結果、10万では済まず結局高額請求されたというケースも後をたちません。

適切な診査ができる設備が整っているか、
それに伴い適切な診断ができるかが重要

安心安全な治療を受けていただくためには。

安心安全な治療を受けていただくためには。

治療を安心安全に受けていただくためには、適切な診査が欠かせません。
そのためには歯科用CTなどの重要設備がまず整っている必要があります。
インプラント1本の手術の規模は、親知らずの抜歯と同程度です。
しかし、外科処置であるため、それでもリスクはゼロではありません。
適切な診断や安全な手術のためには、十分に患者様の体やお口の中の状態を把握することが重要です。現在の全身的な健康状態やアレルギーの有無、服用している薬について確認させていただき、また、患者様が体の不調や病気を自覚できていない場合もありますので、全身の状態を把握するために内科での血液検査もしなければならないのです。

患者様によっては治療を
おすすめしない場合もあります

患者様の状態を見極めて、適切な治療を行います。

当然、全身の状態が懸念される場合は、治療をおすすめしません。
また、お口の状態やアゴの骨の状態によっては、「インプラントとアゴの骨がしっかりと結合しにくい」などの理由で、インプラントをおすすめしない場合があります。アゴの骨量が少ない場合は、基本的にはインプラント治療には適していませんが、当院では、骨を増やす処置を同時に行うことも可能です。

術者(ドクター)の技術

常に最新の治療技術と学識を学んでいます。

常に最新の治療技術と学識を学んでいます。

当然ですが、術者の経験や学識は重要になってきます。
インプラント治療経験が浅いドクターと長年にわたり携わっているドクターとではどちらが安心できますか?我々医療人は、常に最新の治療技術と学識を学び、また、必要な最新器材を導入し、安心安全に治療を受けていただけるよう努める義務があります。

インプラントの素材について

生体との馴染みが良い安全な素材です。

生体との馴染みが良い安全な素材です。

インプラントに使用する金属はアレルギーを発症する可能性も極めて低いとされています。
インプラントの材料であるチタンは、生体との馴染みが良く、安全な素材です。

患者様のご協力も必要

定期的な検診は必ず受けるようにしてください。

インプラント体は骨と結合しますが、天然の歯と比較すると粘膜との結合が弱いため、感染しやすいという欠点があります。
そのため、患者さん自身による毎日のお口の中の清掃が重要となります。
治療後の良好な状態を長期間維持するためには、定期的なメインテナンスが必要不可欠です。
患者さん自身による口腔清掃が十分でない場合や定期的なメインテナンスが行われていない場合、問題が起きる可能性が高くなります。
治療後の良好な状態を長期維持するために、定期的な検診を必ず受けるようにしてください。メインテナンスの重要性はこちら

インプラントはとても良い治療です

入れ歯やブリッジと比べても、自分の歯と同じように噛むことができるインプラント治療は、本当に素晴らしい治療です。
また、インプラント治療には抜けた歯の代わりをするだけでなく、歯全体の予防(歯列崩壊の予防)にもつながる他、しっかり噛めることで全身の健康にも良い影響を与えます。
適切にインプラント治療ができる環境が整った病院に限り、とても良い治療だと断言します。