スポーツマウスピースの作製は京都市西京区の浅井歯科へ【上桂・洛西口・桂川】

治療メニュー治療メニュー

マウスピース作製

浅井歯科では、歯ぎしりによって起こる様々な症状を緩和するためのマウスピースや、スポーツ用のマウスピース作製を行っております。
歯ぎしりは寝ている間にストレスを解消するためと言われていますが、お口の中に与える影響はよくありません。
スポーツ用のマウスピースは、マウスガードやマウスプロテクターとも呼ばれ、当院では一人一人の口腔内に合わせて作製しております。

歯ぎしりの何が危ないか?

  • ・歯が削れたり割れたりする
  • ・詰め物が取れたり割れたりする
  • ・顎関節症の原因となることも
  • ・不定愁訴の原因となることも(肩こりや頭痛など)

寝ている間の無意識の歯ぎしり。歯ぎしりは経年で、お口の中を傷つけていきます。
歯のかむ面が削れていくことで知覚過敏を引き起こしたり、歯の根元が割れたりもします。
同様に虫歯処置したばかりの詰め物が欠けることもよくあります。
顎関節にも影響があり、かみ合わせ不良で頭痛やめまい、肩こりなどの不定愁訴の原因となります。

チェック!チェック!
歯ぎしりは治らない?

歯ぎしりは「癖」ですので現在では完治は不可能です。
また、ほとんどの方が歯ぎしりを自覚されていませんが、プロが見るとすぐにわかりますのですぐに当院にお越しください。
マウスピースを作製し、いかに予防できるかが重要になってきます。

マウスピースの効果

マウスピースをすることで様々なメリットがあります。

マウスピースをすることで様々なメリットがあります。

スポーツをされる方は、特に食いしばることで力のかかり方に影響があります。
着用している方としていない方ではバランス感覚や、筋力の発揮の仕方が違うわけです。
また、お口の中や顎関節をケガから守ることができます。

▼顎や顎関節の保護顎や顎関節への衝撃を緩和し、保護します。

▼口腔内の保護歯を守ると同時に、歯による裂傷を防止します。

▼脳震盪の防止・軽減格闘技やラグビーなど、身体に受ける衝撃が大きいスポーツで脳震盪の防止や軽減の効果があると言われています。

▼バランス感覚の向上歯の咬みあわせを改善することで、バランス感覚が向上することがあります。

アンダーアーマーのマウスピース作製

また浅井歯科では、より専門性の高いアンダーアーマーのマウスピースも作製可能です。
詳細は担当歯科医師までお気軽にお問い合わせください。