マウスピース矯正・作製は京都市西京区の浅井歯科【上桂・洛西口・桂川】

治療メニュー治療メニュー

マウスピースで目立たない矯正・
スポーツマウスピースの作製

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)の
メリット

  • 1透明で目立たない

  • 2取り外し可能

  • 3治療シミュレーションを
    画像で確認

  • 4歯磨き・食事がしやすい

  • 5同時にホワイトニング可能

透明のマウスピースを装着することで、歯を動かして歯並びを整えることができる矯正装置です。矯正用のワイヤーを使用しないので目立たず、周囲の方に気付かれることなく矯正治療を行うことができます。

診断・治療は日本矯正歯科学会の認定医が担当

日本矯正歯科学会の認定医である
理事長が診断と治療を担当

日本矯正歯科学会の認定医である理事長が診断と治療を担当

マウスピース型矯正装置を用いた矯正治療を成功させるためには、適切な診断と経験を活かした治療技術が必要です。当院では、日本矯正歯科学会の認定医である理事長が責任を持って、診断と治療を担当しております。費用の安さで選ばれる矯正治療ではなく、本当に満足していただける治療をご提供できるよう矯正治療に取り組んでいます。

虫歯治療なども同時に対応

当院は矯正治療だけでなく、虫歯治療や歯周病治療など、様々な治療やメンテナンスに対応することができます。矯正治療を専門に行う歯科医院では、矯正以外の治療を行う際、一般歯科にも通院することになりますが、そのような面倒がありません。もちろん、矯正治療前・治療中・治療後の虫歯チェックもお任せください。

月々¥25,000のお支払いでOK!

当院では、治療終了までにかかる全ての費用を治療開始前にご提示いたしますので、費用の追加などの心配はありません。また、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を用いた治療に関しては、3年以内・36回まで無金利での分割払いが可能です。

※お支払い例

※未承認医薬品の注意について
マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

スポーツマウスピースの作製について

当院では、歯ぎしりによって起こる様々な症状を緩和するためのマウスピースや、スポーツ用のマウスピース作製を行っております。
歯ぎしりは寝ている間にストレスを解消するためと言われていますが、お口の中に与える影響はよくありません。
スポーツ用のマウスピースは、マウスガードやマウスプロテクターとも呼ばれ、当院では一人一人の口腔内に合わせて作製しております。

歯ぎしりの何が危ないか?

  • ・歯が削れたり割れたりする
  • ・詰め物が取れたり割れたりする
  • ・顎関節症の原因となることも
  • ・不定愁訴の原因となることも(肩こりや頭痛など)

寝ている間の無意識の歯ぎしり。歯ぎしりは経年で、お口の中を傷つけていきます。
歯のかむ面が削れていくことで知覚過敏を引き起こしたり、歯の根元が割れたりもします。
同様に虫歯処置したばかりの詰め物が欠けることもよくあります。
顎関節にも影響があり、かみ合わせ不良で頭痛やめまい、肩こりなどの不定愁訴の原因となります。

チェック!チェック!
歯ぎしりは治らない?

歯ぎしりは「癖」ですので現在では完治は不可能です。
また、ほとんどの方が歯ぎしりを自覚されていませんが、プロが見るとすぐにわかりますのですぐに当院にお越しください。
マウスピースを作製し、いかに予防できるかが重要になってきます。

マウスピースの効果

マウスピースをすることで様々なメリットがあります。

マウスピースをすることで様々なメリットがあります。

スポーツをされる方は、特に食いしばることで力のかかり方に影響があります。
着用している方としていない方ではバランス感覚や、筋力の発揮の仕方が違うわけです。
また、お口の中や顎関節をケガから守ることができます。

▼顎や顎関節の保護顎や顎関節への衝撃を緩和し、保護します。

▼口腔内の保護歯を守ると同時に、歯による裂傷を防止します。

▼脳震盪の防止・軽減格闘技やラグビーなど、身体に受ける衝撃が大きいスポーツで脳震盪の防止や軽減の効果があると言われています。

▼バランス感覚の向上歯の咬みあわせを改善することで、バランス感覚が向上することがあります。

アンダーアーマーのマウスピース作製

また浅井歯科では、より専門性の高いアンダーアーマーのマウスピースも作製可能です。
詳細は担当歯科医師までお気軽にお問い合わせください。