歯列矯正治療については専門サイト【矯正歯科コンシェルジュ】をご覧ください

治療メニュー治療メニュー

矯正歯科

歯列矯正治療は、当院の理事長である浅井拓(日本矯正歯科学会認定医)が担当しております。
上桂・洛西口・桂川院それぞれで矯正の診療日を決めて診療しておりますので、通いやすいクリニックをお選びいただき、お越しください。
矯正の診療日はこちらをご覧ください

歯列矯正をお考えの方へ
~当院の特徴~

  • 理事長(日本矯正歯科学会認定医)が自ら担当。
  • 舌側矯正(歯の裏側からの矯正)、目立たないマウスピース型矯正装置(インビザライン)に力を入れている
  • 虫歯や歯周病などの治療も並行して可能(虫歯や歯周病があると矯正できません)
  • 上桂・洛西口・桂川の3院から通いやすい病院を選択できる
  • 相談無料!

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)にも力を入れています

目立たない矯正も行っております。

目立たない矯正も行っております。

「治療はしたいけど、矯正って装置が目立つから嫌!」

このようにお考えの方は大変多いと思います。
サービス業の方は人と話す機会が多く、治療によってお口元が気になられるのは当然のことだと思います。そこで、当院では舌側矯正(歯の裏側からの矯正)や、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した歯列矯正を積極的に行っています。ただし、患者様の歯並びによっては適さない場合もございますのでまずはご相談にお越しください。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

未承認医薬品を用いた治療について

① 未承認医薬品であることの明示
→マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、薬機法上の承認を得ていません。

② 入手経路
→マウスピース型矯正装置(インビザライン)は米国アライン・テクノロジー社の製品であり、アライン・テクノロジー・ジャパン社を介して入手しています。

③ 国内の承認医薬品等の有無の明示
→国内でもマウスピース型矯正装置(インビザライン)に似た装置があり、国内で薬事承認されているものもあります。日本で医療機器としての矯正装置と認められるものは、以下の3点を満たしたものです。
・薬事承認されている材料を使用していること
・日本の国家試験に合格した歯科医師もしくは歯科技工士が製作した装置であること
・既製品の場合は、その装置が薬事承認されていること

④ 諸外国における安全性等に係る情報の明示
→マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、世界100か国以上の国で提供され、800万人を超える患者様が治療を受けられている治療方法で、重篤な副作用の報告はありません。(2020年1月時点)日本においては、薬機法未承認の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

もっと詳しく知りたい方へ

当院では歯列矯正コンテンツが記載された「矯正歯科コンシェルジュ京都」を開設しております。
歯列矯正についてもっと詳しく知りたい方はどうぞご覧ください。