浅井歯科のスタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

2022.09.12

長月(9月)に入りましたね

こんにちは、洛西口浅井歯科医院です。
9月に入って暑い日が減り、涼しい秋の気候に変わりつつありますね。

夏は暑いため、病院へ足が遠のいている方が多いと思いますが、
過ごしやすい今、寒くなる前に一度検診に診に来てはいかがでしょうか?
何か、気になることがありましたらお気軽にお電話、相談くださいませ。

起こしの際は、台風情報がよくニュースで放送されてますので、
皆さま外出する時は十分注意してくださいね!

2022.06.01

歯ぎしりについて。

こんにちは。
本日はブラキシズムについてお話したいと思います。

ブラキシズムとは無意識のうちに行っている噛みしめや歯ぎしりなどの総称です。
ブラシキズムには3種類のタイプがあります。
①グラインディング…上下の歯を擦り合わせるタイプの歯ぎしり。
②クレンチング…上下の歯を強く噛みしめるタイプの歯ぎしり。
③タッピング…上下の歯をリズミカルに合わせてる歯ぎしり。
歯ぎしりや咬みしめは行っていても、気づいていない方が数多くおられます。

歯ぎしりをしている場合の主な症状です。
・頬や舌の圧痕。
・歯ぎしりをしていると家族から指摘されたことがある。
・集中時に無意識に咬みしめている。 
・歯が割れたことがある。
・歯がかなりすり減っている。
・肩こりがある。  
・頭痛がする。
・歯茎に硬い隆起がある。  
・知覚過敏。  
・歯の頸部が欠けている。
・顎に痛みやだるさを感じる・口が開きづらい。
もしあてはまるものがあれば、歯へのダメージを減らすためにマウスピース(ナイトガード)をお作りすることをお勧めします。
ブラキシズムについて気になることがございましたらいつでもご相談下さい。

2020.12.14

浅井歯科の衛生士がスキルアップできる理由

浅井歯科が以前から力を入れて取り組んでいる「歯科衛生士教育」。講習会や学会への参加をサポートし、外部講師を招いた院内研修や勉強会を積極的に行っています。今回は、浅井歯科のOG歯科衛生士を講師として招いて、院内勉強会を行いました!

3

■「それが知りたかった!」を解決できる勉強会を
OGを講師として招いたのは、同じ浅井歯科の衛生士だからこそ経験していることがあるから。だからこそ、具体的な改善策やアドバイスを聞きとることができるはずだと考え、この勉強会を行いました。

1

勉強会では、2人1組になり、想定した患者様の口腔内の状態について、自分が担当ならどのような処置や対応、指導を行うのかという内容を話し合いました。「そうそう、そんなときどうしたらいいのか知りたかった!」という疑問や質問に的確かつ具体的にアドバイスしていただくことができました。

■それぞれの衛生士に合わせてサポート
衛生士歴が長くなると、後輩へアドバイスをすることがあっても、アドバイスをもらえる機会はなかなかありません。そのため、浅井歯科ではこのような院内勉強会を行うことで、一人ひとりがスキルアップできるよう取り組んでいます。

2

浅井歯科では、常に患者様により良い歯科医療をご提供できるよう、このような勉強会を重ねることで、個々のスキルアップや医院のレベルアップに努め続けていきます。

歯科衛生士の求人情報はこちら>>